相続放棄の手続きを任せる【スムーズ対処の術】

弁護士

税理士に相談する

男性

遺産相続はとても大変なもので、ただ簡単に受け取ることが出来るというものではありません。亡くなってから期間内に手続きをする必要があるのですがどのような手続きをして良いのかわからない人が多く、税理士に依頼することでミスなく手続きが行なえます。

View Detail

トラブルを回避する

男性

遺産相続などのトラブルは大変多いもので、遺言書が適応されない場合は尚更です。そのため、しっかりと相続登記をしておく必要があるのですがトラブルへと発展してしまった場合は速やかに弁護士へ依頼をしましょう。

View Detail

借金問題を解消する

スーツの男性

借金をしている人は、ほとんどが返済に困っているといえます。しかし、弁護士など法律のプロに法律相談をすることで借金額の減額が出来る他にも、場合によっては過払い金が戻ってくることもあるので利用しましょう。

View Detail

相続に関して知る

裁判

納税手続きは10ヶ月以内に行う必要があります

亡くなった人から相続した遺産額が一定の金額を超えている場合は、相続税を納税する必要があります。法律で課税控除額が決められていますので、遺産額がそれほど多くない場合は相続税を納める必要がありません。しかし、先般、税法が改正された結果、課税控除額が大幅に減額されました。そのため、従来であれば税金を支払う必要がなかったような人も相続税の納税義務を負うようになりました。少し前までは一部のお金持ちのみが相続税を支払うことになるという印象があったため、たとえ相続人になったとしても納税手続きのことなど全く考えない人が多かったのですが、今後は注意する必要があります。また、被相続人の死後10ヶ月以内に納税手続きを終える必要がありますので、早いうちから納税準備に取り掛かるようにするのが望ましいです。

税理士の相続サービスを利用すると便利です

時間的な余裕があり、なおかつ細かな事務処理が比較的得意だという人であれば、自分自身で相続税の納税申告を行うようにするのが一番安上がりな方法です。ただし、そのような事務手続きが苦手な人や、仕事で忙しい人、遺産の中に不動産が含まれているという人は、税理士の相続サービスを利用するようにした方がよいです。遺産が預貯金や有価証券ばかりだという場合であれば、素人でも比較的簡単に相続税の計算をすることができます。でも、不動産の課税評価額を判断することは素人にはまず無理です。この課税評価額を明らかにしないと税額を計算することができないのですが、不動産の価値をいくらと判断するかによって税額が大きく変わってくることになります。また、利用できる優遇措置を最大限活用して税額の計算を行う必要がありますので、税金の専門家である税理士を利用するのが一番です。税理士に依頼すれば、適切な方法で期限までに税額を計算してもらうことができますので、安心して任せることができます。また、相続というのはマイナスの借金も相続されてしまうので予め把握しておかなければなりません。借金が多額で支払いが困難となった場合は、相続放棄を行なうことが出来るので相続放棄の手続きをすると良いでしょう。しかし、注意しておくべき点にプラス財産も相続放棄となるので手続きをする前に、今一度検討することが望ましいといえます。