相続放棄の手続きを任せる【スムーズ対処の術】

弁護士

トラブルを回避する

男性

相続人全員が納得しないといけません

仲の良かった兄弟でも、離れて住み生活環境も違ってくれば、だんだんと疎遠になってきたとしても仕方ないのかもしれません。そんな時とつぜん、遺産分割協議書を送ってこられたらどうしますか。又、その内容が自分にとって不利だと思える内容であるにも関わらず、署名捺印を催促された場合どうしたらいいのでしょうか。相続に関する法律に詳しくなければ、その協議書の内容が公平なものなのかどうかもわかりません。しかも協議書の中に、聞いたこともない相続人の名前が含まれていたりしたら、混乱してしまうかもしれません。 被相続人に前妻と後妻がいた場合や、被相続人以前の代から相続登記を行っていない場合などに、このように面識のない相続人が突然現れます。 相続人が自分の予想していた人数より、はるかに多いということは、意外によくあります。

相続専門の弁護士に相談してください

相続登記をする場合などで必要となる遺産分割協議書ですが、相続人全員が納得して、署名捺印がないと無効です。しかし、相続できる割合は決まっていますので、それ以上の取り分を要求すれば揉めるでしょう。又、遺言書があり第三者に全て相続となっていても、被相続人の配偶者や子には遺留分があります。 ですので、少しでも遺産分割協議書に疑問をもったなら相続専門の弁護士に相談しましょう。相続専門の弁護士なら、あなたの言い分を聞いた上で調査し、ほかの相続人との交渉や調整をしてくれます。これは司法書士などではできない業務です。司法書士、行政書士は遺産分割協議の決定事項を書面にすることしかできません。相続専門の弁護士なら、依頼人のために交渉ができます。 弁護士にも得意分野があり、刑事事件、離婚問題、借金問題など、それぞれにエキスパートな者がいます。相続専門の弁護士なら心強い味方となるでしょう。